ついに念願の100万円のテレビを手に入れたぞー

超昔のテレビだけどな
たぶんテレビ関係書くのは
2年ぶりくらいじゃないだろうか

相当溜めてたのを排出する意味もある今回の記事
今回は超初期のころのプラズマテレビ
しかもシャープとかソニーとかではない
NEC製である
IMG_0222
しかも20世紀前
1998年に発売されたもの
そうまだテレビが王様だった時代
お値段も王様価格
1,450,000円!!
まさに王様 偉大なる王様テレビがこちら!

IMG_0220
NEC ワイドプラズマテレビ [プラズマエックス PX-42V2]
価格1,450,000円
(モニター部分 PX-42M2)
(チューナー部分 PX-TU1)
10年以上前のテレビだが
デザイン的には今でも通用するこのデザイン
カッチョイイ…

しかもこのテレビ
インテリア/環境デザイナー川上元美氏によるデザインで
しかもアルミ削りだしで作ったとゆう一品
(このテレビの資料参考)
しかもグットデザイン賞も受賞
http://www.g-mark.org/award/describe/24419

もちろんおかげで重さもトップクラスなのは言うまでもない
持ち運びには相当苦労…
(といってもハイビジョンブラウン管に比べたらだいぶマシですが)

さて入力端子は?
IMG_0225
…すくねぇ…
てか音声しかないと思った皆さん
そうです音声と映像が左右に分かれているとゆう
めんどくさい仕様本格的なシステムなのです!
アレ?映像側は?って
撮り忘れたよ\(^o^)/
撮ったと思ってたらシャッターが押せてなかったようです…
埃で埋まってる写真のしたほうにかすかに映ってます…
IMG_0223
見てわかるとおり以外と入力端子はないのです
PC用のD-subが一つに
専用チューナー用のD-subっぽいのが一つと(PDPコントロールってゆうらしい)
コンポーネントケーブルが一つある程度
それだけです ほんとにそれだけ
一応家庭用なのにこれじゃ使えないじゃないか!
って思った人もいる…はずですが
それもそのはずで元々はPX-42M2とゆう
業務用モニターだったのですから
そこにチューナーをつけて家庭用にしたものです
(と言っても買えたのはごく一部でだいたい公共施設とかについてたとか)
でこちらがその専用チューナー
IMG_0226
IMG_0227
NEC PX-TU1(汚いのは公共施設あたりにあったので)
こちらが家庭用の入力端子などを兼ねているのです
初期のころのCELLレクザみたいなかんじかな?
ここからテレビやビデオが切り替えられるようになっていたのです。
IMG_0230
で入力端子はチューナー部分なので見慣れてるものばかり
IMG_0231
と言っても今消えかかってるような懐かしいものですが
前はS2映像(てゆうかS端子)と
裏側は
IMG_0232
まずは右側から
S2端子入力が二つに
S2端子出力が二つ
BSデコーダー入力に
MUSE入力とビット入力に
あとたぶんリモコン送信用の端子が一つ
でBS出力用にRCA端子が一つ(コンポーネントケーブルじゃないのね…)
BSデコーダーってのがまた懐かしい名前で
当時はBSデジタルも始まってなかったですからね
ハイビジョン見るためにはBSデコーダーが必要でしたからね
と言ってもこっちにつなぐとSD画質なのですが
IMG_0233
左側はこんな感じに
HD/DVD用にコンポーネントケーブル入力が一つ
(なぜかHD/DVD切り替えスイッチ付き)
パソコン用にD-sub入力
でなぜか出力用にD-sub出力が一つ
そしてさらに謎のPCコントロール
で映像出力に使っていた?PDPコントロールが一つ
D端子? 知らんな
HDMI? 聞いたこともない
てゆうかそんなものがまだなかった時代ですからねー
あるわけがないです。

このチューナーが壊れたため
テレビ買い替えのために来たもので
これにコンセントつなぐだけで
キーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンって
耳鳴りよりうるさい電子音が機械から鳴ります
なにが壊れたらこんな音がするんだか
もちろん電源は入りません

ちなみにこんな豪華だが
リモコンは恐ろしくシンプルで
IMG_1018
電源 音量 チャンネル 入力切替
以上!
いやいくらほぼ公共と言ってもこれは…
まあデザインは微妙に凝ってるけどね
裏は磁石がついてたりします
IMG_1019
リモコンに最初から磁石ついてるって
ある意味珍しいような(やっぱ公y(ry

が死んだのはチューナー部分
テレビはまだ生きてます!(死にかけだけど
電源を入れると
グォォォォォンってファン音がうるさいくらいにしだします
IMG_0221
グォォォォォォォォォォォォォン
てゆうかテレビの音が聞こえないんじゃないかってくらいのうるささ
とゆうかスピーカーがない
そうこのテレビ
スピーカーが別についてるのです!(撮り忘れ(ry)

で倉庫には機械がないので店のほうに持ってくことに(重い…)
二人がかかりでもっていき
IMG_0239
どこかに埋まってたコンポーネントケーブルを
HDMI変換機に取り付け
それをスカパーHDチューナーにつけて
スイッチオン!
カチン
IMG_0242
ブォォォォォォォォン
IMG_0249
おぉ映ってる映ってる
しかし確かにHD画質はHDなのだが
なんかボヤケてる…
で映像には謎のノイズが出続け
しかもなんか色がうっすーーーーい
IMG_0254
そしてうるさいファン音
ブォォォォォォォン
さらにしばらくつけてると聞こえる
その爆音ファンをも消し去る強烈な電子音
ギィィィィィィィィィィィィィィン
(こんな感じ↓)


…うむ
いくら150万でもこれは…
そしてこの何とも言えない空気にさらに釘を注すように
電気代も降りかかる!!

パナソニックの最新モデルの液晶テレビ42型の消費電力が
85 W
パナソニック最後のプラズマテレビ42型の消費電力が
387 W(TH-P42V2)
(プラズマヤッパスゴイナ…

ではこのテレビは?…
IMG_0260 - コピー
445W /(^o^)\ナンテコッタイ
まあ時期が時期ってこともあるのだが
やはりここまで高いとは…

で結局このテレビは廃棄決定!
原因はやはりノイズと電気代
一時間ほど頑張ってみたのですが
頭が痛くなってくるほど音
そしてうっすーーい色で
さらに映像のノイズも相まって
なんとも迫力が…

さらに初期ってこともあり
排熱がすごいことすごいこと
部屋がどんどん真夏になっていきます
そしておいておくにも40インチもあるので
邪魔でかつ重いから移動も大変
ってことで廃棄となった
いや本心は廃棄したくなかったんだけどね…

とゆうことで今回は100万テレビでした
超古いとはいえ最高級テレビを触れたのは貴重でしたね
初期の初期のプラズマディスプレイですからね
ぼやけてるのはいえ当時からすれば
相当きれいですからね
これでいいでしょう
でも写真撮り忘れが大杉…
さすがに反省

さてこの機種の詳しい情報が乗せられてる
サイトがあったのでここを参考にしたもらいました
http://smartdata.usbid.com/datasheets/usbid/2000/2000-q2/dtj61np7.pdf
とゆうかここ以外はグットデザインかリサイクルしかなかったもので…
あるだけ奇跡でした(しかも日本語

さてこんな機種がくるのは
あとどれくらいになるんだろうか
めったにこんなの来ないですからねぇ
またイロものがきたらレビューっぽいのしてみようと思います

では

広告

ついに念願の100万円のテレビを手に入れたぞー” への3件のフィードバック

  1. おひさしぶりです!

    数年前プラズマテレビの取り付けに行ったのを思い出します…

    あれもスピーカーとチューナーが分離式でした。
    そして何よりも…クソ重い!!
    同規模の液晶のつもりで持ち上げようとしたら持ち上がりませんでしたね…

    なつかしいです。

    いいね

    1. お久しぶりです
      やはりプラズマは重いですねw
      スピーカー分離のテレビはだいたい重い
      いろいろ詰め込んでるので
      スピーカーも入れるスペースがないくらいですからね
      液晶と形は同じなので
      同じようにもつとほんとびっくりしますねww

      それでもハイビジョンブラウン管に比べたら軽いですけどね…
      70kg~100kg当たり前なんで大人二人でも死ねます
      それが二階だったりすると…地獄です

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中